スポーツ

RUGBY 進化するジェイミーJAPAN

6月のテストマッチは2勝一敗。ジョージア戦は完封勝ち

秋のオールブラックス、イングランドとのテストマッチも楽しみになってきた。
スクラムやラインアウトのセットプレイが安定してきたのと、
パスやキックの精度も上がってきている。
チームとしての意思疎通が形成されてきていると観ていて思う。

ペナルティキックやゴールキックの精度はもう少し高めてほしい。
テストマッチは、ペナルティゴールの良し悪しで勝敗がきまることが多いからだ。

サンウルブズで、南半球の強豪チームとしのぎを削って自力が付いてきている

確かに、イタリア、ジョウージアとの戦いを観ていて、
フォワードが簡単に当たり負けしていないし、全体的に走力で優っていた。
スーパーラグビーは、かなり高速なアタッキングラグビーなんだと
イタリア、ジョージアとの戦いを観て思った。

ラグビーは気持ちの強さがものをいう

イタリアとの2戦目は、JAPANを応援しているファンはきっと勝てると思っていたにちがいない。
自分もそうだったし、ホームの応援を背に2連勝できると思っていた。

しかし、結果的には1戦目ほどうまく試合運びができなかったし、
勝負どころでペナルティを取られてしまった。流れが完全にJAPANに傾いていただけに、
敗戦は痛かった。

インタビュー イングランドHCエディ

エディは日本の選手はもっと自分で考えて行動していくことが必要だと言っていた。
コーチに頼り過ぎている。よりよいチームになるには、若いころから自律的になる教育が
必要だと答えている(日本経済新聞 2018/5/29)。

なるほど、と思いつつ、ジェイミーがJAPANのHCになったときに言っていた言葉を思い出した。
どういうチームになりたいか、どういうプレイヤーになりたいか、何を目標とするかは
選手が考えて決めることだと言っていた。

最初は、その言葉を聞いた時に違和感を感じて、えっジェイミーが監督で勝てるの?
と正直思ってしまった。監督の方針や目指すゴールを語らないのは、おかしいんじゃないかと
思い、その後のキックを多用する戦術や、アイルランド戦、オーストラリア戦などを観ても
なにか戦術的に釈然としない、応援しにくい気持ちがあった。

サンウルブズの今年の目標は5位を目指すと言いながら、連敗街道をひた走り…。
正直来年のワールドカップに希望がもてない気持ちになりかけていた。

ヘッドコーチと監督は違う?

監督という言葉を聞くと、選手は監督に従わなければならない、とか
監督のいうことを聞かなければならないというイメージが強い。

コーチという言葉を聞くと、選手の成長を促してよい結果を出せるようにしていく、
というイメージがある。そこではたと気がついた。ジェイミーはHCだ。

選手がプレイを判断しなければならない

ボールが動いている間ずっと自分たちで判断し予測してプレイをしていかなければならない。
次のプレイをどうするかを決めるのは自分の判断しかない。試合の流れや、時間と点差で
どのプレイを選択するか個々人の考えとチームの約束事がシンクロしていくと勝ちにつながっていく。

そう考えると、エディがJAPANに不足しているとしていた部分をジェイミーは教育しているのでは
という思いがしてきた。サンウルブズでもJAPANでも選ばれているのは、自立心が強いタイプのように
見えてくる。個々人が意見を言うことで、ひとつのチームの形ができてくるのだろう。
意見をぶつけ合うことでコミュニケーションの濃度も深まる。ひとつのチームの形ができるのには、
時間がかかるが常に成長し続けることでJAPANとして進化していく。

折しも、サッカーワールドカップではサムライブルーが活躍している。コミュニケーションがよくなって
動きに連動性がでてきた。各選手の顔に自信が出てきた。何をすべきかしっかりと準備して、試合中にも
お互いに声を出している。
グランドでもピッチでも選手たちは自分たちの意志で戦うと勢いが出てくるのだろう。

進化し続けるジェイミーJAPAN!

ラグビーがまだアマチュアスポーツだったころ、ラグビーはキャプテンシーがとても大切だと言われてきた。
今でもそれは変わらないと思うが、それ以上にフォロワーシップも大切になっている。

サンウルブズで連敗が続いても、常に前向きだったのはキャプテンをはじめ個々人が自律的だからだろう。
いまひとつのチームとしてかたちができてきたことで、勝利への期待度も高くなっている。
サンウルブズで精神と肉体を鍛えられた戦士が、こんどはJAPANとしてワールドカップベスト8を目指す。

秋のテストマッチはオールブラックスとイングランド、勝ちにいくジェイミーJAPAN!

関連記事

  1. スポーツ

    2019 0914 葛西臨海公園ナイトハーフマラソン with スタジオWeBA

    スタジオWeBAのメンバーが参加する葛西臨海公園ナイトハーフマラソン第…

  2. スポーツ

    2019 東京マラソン トレーニングの負荷と故障

    う~ん、イタタタタ(@_@。両膝の痛みはオーバートレーニングだ…

  3. スポーツ

    2019 東京マラソン 完走できました(^^♪

    2019東京マラソン、なんとか無事にゴールできました(^^♪良かっ…

  4. スポーツ

    2019 0608 葛西臨海公園ナイトハーフマラソン with スタジオWeBA

    関東地方は6月7日に梅雨入り(@_@。6月8日も天気予報は雨~、東…

  5. スポーツ

    2019東京マラソン インソールをどうするか

    う~ん、困った(@_@。左足の中指がシューズに当たって痛い。そこで…

  6. スポーツ

    Road To YOKOHAMA NIKE ZOOMX VAPORFFLY NEXT%

    か、買ってしまいました。分不相応だと思うんですよ。ホントに。し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スポーツ

    HOKA ONE ONE BONDI6 履き心地 その3
  2. スポーツ

    サンウルブズ3連勝ならず
  3. 介護と成年後見制度

    1.介護の始まり
  4. スポーツ

    RUGBY マフィもレッドカードか
  5. のんちゃん と まもるくん

    のんちゃん と まもるくん 14
PAGE TOP