スポーツ

サンウルブズ 勝利の先にあるもの

残念ながら今期まだ勝利がないサンウルブズ。
選手はもちろん勝利を目指して頑張っていると思う。
スーパーラグビーで勝利することの難しさは、過去
2年の戦績からもわかる。
これまでのサンウルブズの通算勝利数は3勝で、いずれもホームの秩父宮ラグビー場。

去年より今期の方が戦力的にはアップしていると思うけれど、1勝が遠い。

前節までの9試合のデータをみると、総得点は177点(14位)、総失点370点(15位)。

得失点差は、-193点で、3ケタのマイナス得失点差はサンウルブズだけ。
トライをとる力はあるというコメントは多いけれど、勝ち切るまでの得点力はまだない。

失点が多いのは、チームディフェンスが機能するときと、しないときの差が大きいからだ。

メンバー変更があったときに、他チームより戦力のバラツキが大きいのがサンウルブズの弱点だ。

来年のラグビーワールドカップを前に、JAPANの強化を目的としているサンウルブズは

勝利という結果を出していかなければならない。

いま応援しているファンは、エディJAPAN以上の成績を期待していると思う。

来年にせまったワールドカップに盛り上がりをつなげるためにも、

JAPANを支えるサンウルブズは勝利へのJAPAN WAYを示す時がきていると思う。

ジョセフHCには、日本中が応援したくなるチーム作りを目指してほしい。

今秋のオールブラックス、イングランド戦で
JAPAN WAYを示せなければワールドカップへの夢はしぼんでしまうかもしれない。

南半球と欧州の強豪チームとどう戦うかがエディJAPANを超えられるかの試金石になる。

前回のワールドカップで、南アフリカに本気で勝てると思っていたひとは

少なかったと思う。私も大差がつかないことだけを願っていた。

試合が始まるまで、JAPANが勝つ可能性があるとは思ってもいなかった。

結果はJAPANの劇的な勝利だった。

=信じたことを、ひたむきにやりきること=

信じ切るためには勝利への道筋が必要だ。

まずは、サンウルブズが次のホームゲームで何がなんでも勝つこと!
そして、6月のテストマッチでは
JAPANがイタリアとジョージアに勝つこと。

ここを勝ちきれないようだと、秋のテストマッチに希望が持てない。

今週はバイウィークで試合がない。次のホームゲームまでにベストの布陣で

戦う準備をしっかりしてほしい。

・スクラムとラインアウトのセットプレイを安定させる

・スピードを活かしてダブルタックルで倒す

・キックはしっかりチェイスできるところにコントロールする

チームの規律を守って、鍛えてきた戦略をしっかりとやり遂げてほしい。

サンウルブズの勝利の先にはJAPANの勝利と日本ラグビーの発展がかかっている。

観客の応援を力にかえて

がんばれ、サンウルブズ!!

関連記事

  1. スポーツ

    2019 東京マラソン 完走してわかった体幹トレ最強!スタジオWeBAありがとう!

    体幹トレーニングはすでに常用語のひとつで、市民権を得ていると思っていま…

  2. スポーツ

    2019 東京マラソン完走目指して

    2019年になりました。お正月は毎年ラグビーと箱根駅伝にくぎ付けで…

  3. スポーツ

    RUGBY ジェイミーJAPAN イタリアに2連勝ならず

    テストマッチ第2戦 22対25イタリアに惜敗と言えばいいのか、…

  4. スポーツ

    2019 東京マラソン マラソン後のリカバリー

    アイキャッチの画像は東京メトロで張り出されていたものです。思わず、…

  5. スポーツ

    RUGBY 勝敗を決めた一つの判定!!

    サウンウルブズ完敗!この試合を期待をもってみたラグビーファンは…

  6. スポーツ

    OLD RUGBY FAN

    私はオールドラグビーファンです。ラグビーは高校から始めて大学まで続…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スポーツ

    HOKA ONE ONE BONDI6 履き心地は
  2. スポーツ

    RUGBY 早稲田執念のトライ! 伝統の赤黒ジャージで準決勝へ
  3. 介護と成年後見制度

    4.認知症の再判定
  4. スポーツ

    RUGBY サンウルブズ最終戦も飾れず
  5. 介護と成年後見制度

    5.成年後見人と保佐人の違い
PAGE TOP